mainimg

住宅ローンを組んでから数年で三大疾病にかかってしまったらどうなる?

念願だったマイホームを購入してから数年で、三大疾病にかかってしまったらどうしたら良いのでしょうか。普通は、団体信用生命保険に加入していると思うので契約者が死亡した場合は、手当てが払われます。
その中にガン保険がついている保証サービスもあれば、申請しないと申込みできないものもあるので確認しましょう。
ただ中には癌だと分った時点でお金が振り込まれる場合と、期限や条件付きで保証金が出る場合があります。一見高く見えるかもしれませんが、それほど大きな差は無いので何かあった後では遅いので、今から準備しておきましょう。これから住宅ローンを組む予定のある方に、ボーナス払いを視野に入れる前に注意して頂きたい事があります。
思いがけずお金が手に入った時にまとめて返せたら、月に返すお金が減るのでとても楽になります。但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、景気によって金額が変わることも有り得ます。
そのような事もあり賞与ありきで返済をしているという人は、案外少なくトータルで見ても半分以下の方しかいないのです。どうしても何かあった場合に備えないという方は、便利な繰上げ返済を利用してみると良いですね。
今、注目の住宅ローンを選択しようか迷っている方も多いのですが実は変動金利か固定金利かで悩む方がとても多いのです。
というのは、固定の場合決まった金額を支払えばよいので試算しやすく、残りの返済額もすぐに計算できるからです。
ただ変動の場合はその時の景気によって大きく左右される為、あといくらローンが残っているのか明確な数字が分らないのです。
とはいえ、今は金利が低い傾向にある事もあり約4割の方が変動でローンを組んでいるという結果もあります。これからの金利がどうなっていくのかも予測しながら、後から後悔のない選択が出来ると良いですね。
仮に住宅ローンを返金している最中に、失業したら残ったローンをどのように返していったらいいのでしょうか。
問題が起こっても事前に対処出来るようにしておきましょう。第一にやるべき事は、自分の今の状況把握です。クビになった原因が会社側か自分にあるのか、内容により給付金の額が大きく変わってくるためです。きちんと手当てが支給されれば、1年間は保証されますのでその期間に再就職を考えながら残りを返済に充てる事も可能です。注意すべきは一度の延滞でも強制的に破綻させれる事もあるので、優先順位を考えて行動するようにしましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

«

»

▲Pagetop