mainimg

2016年1月の投稿一覧

夢のマイホームを建てたいと思った時は銀行や信用金庫の住宅ローンを申し込みましょう「

夢のマイホームを建てたいと考えたときに銀行や信用金庫などから申し込み可能なマイホーム購入時の融資が頼れます。ですが、たくさんある金融機関の中からどこを選べば良いのかとても迷ってしまう。という話もよく聞きます。
選び方としては、自宅や職場の近くのものを選んだり不動産屋にお任せしたり、ネットバンクなども受付可能です。
けれども、どのパターンでも審査というのもが必ずあり申し込み者全員が通るという甘いものではありません。
今、住宅ローンを返済中の方も将来組む予定のある方も誰でも聞くだけで10年後に得するかもしれない試さないと損をする節税の方法をお教えしたいと思います。
申込みをされた方は年間で約30万円の節約も可能なので、まだ申込みをされていない方は特に事前に確認しておきましょう。申込みが出来るのは新しい家を建てた人か、ないし、新築の住宅をお買い上げされた方が申請可能になります。更にローン期間が10年以上である事が必要条件になります。
他にも細かい条件があるので、確認しながら少しでも税金を減らして貯蓄にまわせたら良いですね。
長年住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。その様な事があったら、是非繰り上げ返済を検討して下さい。繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。
繰り上げ返済をすることによって、ローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額を根本的に減らす事ができます。
借入額が減る。
という事は、月々の返済額も減る。という事です。繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。という点です。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提供する特殊なローンになります。フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様フラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事はまた、それに加えフラット35の審査特徴としてフラット35の場合、住宅の価値が問われます。
担保として十分かどうか、という点を重視する。という事です。一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。

1 2 3 4 5

▲Pagetop