mainimg

住宅ローンを借りるところは銀行や信用金庫など多くありますから悩みますね

自分の家を建てたい!と思ったとき銀行・信用金庫など金融機関で申し込み可能なマイホーム購入時の融資が役立ちます。
しかし、銀行や信用金庫は多数ありますから、どこのを選んでよいのか迷ってしまう方も多くいらっしゃると思います。選び方としては、自宅や職場の近くのものを選んだり不動産屋と提携しているところやインターネットバンキングでも申し込みをする事ができます。
だけども、どの場合でも審査があり申し込めば通過するという甘いものではありません。
住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。
住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査はとても厳重に行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。結果は電話か口頭で伝えられます。
残念ながら審査が通らないと、住宅ローンは組めません。
審査に通ると、本契約に移ることができます。
契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。だいたい、安くても数十万〜数百万単位の現金が必要となるでしょう。夢のマイホームを購入してから、それほど経たないうちに癌だと診断されたら、その後の支払いはどうなるのでしょうか。
通常は、ローンを組めば自動的に団体信用生命保険に申し込むので借用人が、死亡した時にお金が支給されます。
申し込んだ内容にガン保険が入っているものもありますが、申請しないと申込みできないものもあるので確認しましょう。またガンだと診断された時点で支払いが始まるものと、例えば13ヶ月以上通院した場合に支給されるものもあります。
このような保証も月々でみるとそれほど大差はないので、万が一に備えて、検討しておく事をお勧めします。
自分の家を購入したい!と考えた時資金関係で役立つのは住宅ローンです。
申請方法は、銀行・信用金庫から出来ますが家を購入する際は不動産屋を通す方がほどんどだと思いますのでその会社で協力している銀行などに申し込みをしても良いでしょう。
返済期間は人によってまちまちですが一番長くて35年の借入期間が選択できます。
しかし、この35年というのは申込者の年齢によってはできないこともあります。
一般的に、40歳を超える申し込みに関してはなかなか難しくなる。といったケースが多くあります。

1 2 3 4 5 6 15

▲Pagetop